HOME > 星に願いを込めて(前)

星に願いを込めて、運命の人に出会う旅(前)


「きらきらら」になるところだった ☆彡

ひかるさんは七夕の日に生まれました。

お父さんとお母さんはひかるさんがお腹にいる時から、どんな名前にしようかとよくもめました。

ちょうど七夕の日が出産予定日でしたから、お父さんは光輝くお星様のような子になって欲しい、女の子だったら「きらら」はどうかと提案しました。しかし、お母さんはそれに断固反対しました。

なにしろ、性が「吉良」です。担任の先生から呼ばれた時、「きらきららちゃ~ん」となります。それだと、クラス中の笑い物になるし、男子にいじめられかねないと心配したのです。

「いいじゃないか、それでもかわいくて」とお父さんは生まれる前から親バカぶりを発揮しますが、「や~い、キラキラちゃん」て、男の子からからかわれるにきまってるとお母さんも譲りません。

実は、お母さんは、中山郁代、という名前でしたから、「山ん中、いくよ~」と子供の頃、男子からはやしたてられ、ずいぶんイヤな思いをしたことがあったのです。

「やっぱり、きららしかないと思うんだけど」そう言い張って聞かないお父さんをお母さんは3日3晩かけて説得しました。そしてなんとか、男でも女でもどちらでもいいように「ひかる」という名前にしようということで落ち着きました。

そして、誕生したのは、やはりお父さんが予想した通りの可愛らしい☆彡のような女の子でした。

お母さんが、お父さんを説き伏せたおかげで、ひかるさんは小学校で男子に名前でいじめられることもなく、むしろ逆に、男子をいじめるほどの元気闊達な女の子に育ちました。

ひかるさんがいじめて泣かせた男の子の家に、お父さんが菓子折りを持って謝りにいかなければならないこともたびたびでした。

この子は、大きくなったら、とても手のつけられない子になるんじゃないか。中学にいったら女番長のようになって、学校を荒すんじゃないか。< やっぱり、きららのほうが良かったんじゃないかな >と、お父さんはわけのわからない理由づけをして、自分を無理に納得させようとします。

そんな、元気少女のひかるさんでしたが、お父さんの予想に反して中学に入った頃から、身長があまり伸びなくなってしまいます。

顔もソバカスいっぱいで、お世辞にも、目鼻だちが整っているとはいいがたく、どちらかというと不細工な部類です。

想像をしてみてください。ソバカス顔の目がくりっとしたちっちゃな女の子を。かわいいといえばまあかわいいかも知れませんが、男子が競って奪い合うという存在でもありません。

かといって、とりわけいじめの対象になるわけでも、お父さんが心配するような手のつけられないヤンキーになるわけでもなく、ひかるさんは無難に中学時代を過ごしました。



大学に進むと、ひかるさんは天文学部に入りました。

子供の頃から、お父さんから七夕のオリヒメとヒコボシの話をよく聞かされていて、神秘的な宇宙にとても惹かれていました。

「ひかる、みてごらん。あれがオリヒメの星のベガで、こっちがヒコボシの星のアルタイ。オリヒメとヒコボシはね、ひかるが生まれた七夕の日に、年に1度だけ合うんだよ。好き合った仲だったんだけどね、神様に分かれさせられてね」

「どうして・・・」

「さあ、どうしてかな~、あんまり好きだったから、うれしくて仕事するの忘れたんだね」

「へえ~、私も好きな人に出会えるかな~」

「そうだね~、七夕の日に出会えるかもしれないね」

そんな、お父さんとの会話を思い出しては、ひかるさんは、よく望遠鏡を覗いたものです。



七夕の日の恋活イベント ☆彡

「ひかるちゃん、七夕の日に恋活イベントがあるんだけど、一緒にいかない」

大学のキャンパスを歩いている時、友人の雅美さんからポンと肩を叩かれました。

「え、七夕に」ひかるさんは、オリヒメとヒコボシの話をすぐに思い浮かべました。

「どこで」

「それがさあ~。ちょっと人里離れた山奥で、まあ空気が澄んでて星もキレイに見えるらしいんだけどね」

「へえ~、ロマンチック~、七夕の日に運命の人と出会えるってことね」

「でもね、条件があってね。一人旅で、そこまでいかなきゃダメなんだって。だから、ひかるちゃんとは別々で現地で合流ってことになるんだけどね」

「なんで、一人旅なの」

「一人でね、どんな人と巡り合いたいかとか、自分がこれまでやってきたこととかよく考えながら、来て欲しいっていうのね」

「それって、ヒコボシとオリヒメの話にかけてるのかな~。いろんなことをしっかり反省したら、また運命の人と出会えるってこと」

「そんな、感じね」

「でも、楽しそうね、やってみよっか」

ひかるさんは雅美さんと意気投合して、さっそく七夕の日に行われる恋活イベントについて調べました。幸い、その頃は、大学は夏休みに入っています。

恋活イベントが開催される場所をグーグルアースで調べると、確かに、ペンションらしき建物が数件見える程度で、周囲は深い緑の山々です。どうもそのペンションの一角で、日本全国から男女が集まり、恋活イベントが開催されるらしいのです。

確かに、ネットにもその情報サイトが出ていました。七夕の日、全国からオリヒメとヒコボシが集うと銘打ったサイトタイトルです。

< 七夕の日に天の川を渡って1年に1度好きな人と再会か~。もしかしたら運命の人に出会えるかも >ひかるさんは、授業中もそんなことばかり考えていました。ノートに理想の男子像を描いたりして、教授の話もうわの空です。

でも心配なのは、ソバカス顔の目のクリっとしたちっこい女子を誰か好きになってくれるだろうかということです。大学3年生のひかるさんはこれまで一度も男性と付き合った経験がありません。

部屋で一人、鏡を見ながら、どうしたらこの顔が、スカーレット・ヨハンソンのようなキュートな顔立ちになるかな、ソバカスは化粧でなんとか隠せるかも、くりっとした目はかわいいといってくれる人もいるからマスカラでもうちょっと強調しようかな、と鏡に映る自分の顔をジッとみつめてはため息の日々です。

雅美さんはそこそこの美形で、さほど修正をかけなくてもいける顔です。スタイルだって悪くありません。現地で、雅美さんは男子にモテモテかも知れないとひかるさんは余計なことに頭を巡らします。

< やだな~。雅美ちゃんと張り合うの。絶対、負けるわ >と、どうも憂鬱です。

ともかく、恋活イベントまで1カ月を切っています。性格はまあ、雅美ちゃんより、私のほうがいいんだからと、後は顔と体の修正ポイントに磨きをかければ、なんとかなるかな、とひかるさんは腹を決めます。

ひかるさんは恋活イベントまでの日割りスケジュールを作り、1カ月で3キロ減量の目標を掲げました。 食事のカロリーを落とし、寝る前は絶対間食をしないことと決めました。

恋活イベントには電車とバスを乗り継いで行きます。現地に辿り着くまでに、2日はかかります。途中どこかで1泊しなければいけません。

そんな話も、雅美さんとカフェでいろいろと話をしたのですが、ともかく、イベントには一人で旅をしながら、参加するというのが条件なので、原則、雅美さんとは宿も別々ということになります。

スマホで連絡をとりながらの、心細い旅になりますが、それも主催者になにかの意図があってのこと。ひかるさんは、雅美さんとは別々のルート、交通手段で、現地まで辿り着くということになります。

「どうして、こんな条件をつけたのかしらね。できれば雅美ちゃんとワイワイやりながら現地までいきたかったのにね」とひかるさんはコーヒーに口をつけます。

「これまでのことを振り返って、いろんなこと考えながら、現地まで来て欲しいってことね。七夕の運命の人との出会いだからさ。真剣に自分とも向き合いなさいってことかな」雅美さんはそれでも、この恋活イベントで理想の彼氏とめぐりあえるかもと、少し浮かれ気分です。

雅美さんは、途中どこかに寄ってのんびり行こうかなと、3日間の行程スケジュールを組みました。ひかるさんは、電車とバスを乗り継いでの2日間で組みました。



「んじゃ、行ってくるよ。ひかるちゃんも時々メールいれてね」恋活イベントへの旅立ちの日、雅美さんからひかるさんのスマホにメールが入りました。

ひかるさんは、「ヒコボシの彼氏ゲットだよ。途中メールする」と返信します。

出発の前夜、ひかるさんは、熊よけの鈴をリックに付けたり、蜂に狙われないように、黒い物は身につけないようにしようとか、準備に余念がありません。蚊除けのスプレー、日よけの帽子、それから日焼け止めクリームをリュックに押し込みます。

そしていよいよ、ひかるさんのヒコボシとの出会い旅の出発の日です。

空は、雲一つなく、快晴です。おばあちゃんが玄関先で「ひかるちゃん、気をつけて行ってくるのよ」と見送ってくれました。

ひかるさんは軽く笑みで返すと、赤いリュックを背負い、白のキャリーケースを引きながらバス停へと向かいました。

星に願いを込めて(後)へ



ミクシィグループの安心の出会いサイト「YYC(ワイワイシー)」。運営15周年、会員数1000万人の出会い応援サービス。女性の場合、男性とのメールでのやり取りなど全て無料です。 無料会員登録はこちら


婚活・恋活の情報については下記のサイトがオススメです。婚活や恋活のパーティーやイベントで、たくさんの人々との出会いのチャンスがあります。ステキな人との出会い、理想のパートナー探しにきっとお役に立つはずです!

ゼクシィー縁結びPARTY婚活・恋活中でパーティーやイベントに興味のある方に、信頼の縁結びパーティーです。

おとコンおとなの婚活パーティー。本当に結婚したい独身男女のために、男女のバランスにこだわった、出会いに真剣な方を支援する婚活サービス!

ズバット結婚サービス比較厳選10社の結婚相談所の資料を一括無料請求。大手優良企業10社から徹底比較でぴったりの結婚相談所が選べます。

婚活-物語.com
当サイトは、婚活や恋活で、ステキな人、理想のパートナーを求めている方の応援サイトです。

ステキな人との出会い、理想のパートナー探し。婚活・恋活の無料会員登録はこちら >

恋活・婚活ショートSTORY

恋活・婚活記事

幸せの脱毛士 / 結城直矢

都道府県 / 婚活・出会い

UP